なぜ股関節の骨折が人生の最後の骨折なのか?

2019-10-09 16:05:34 73

冬季は骨折の好発期であり、これは冬季の気候と天気の特徴と関係がある:

1、冬の天気が寒いため、寒主引き、血管が収縮して、相応の筋肉、関節が硬くなって、外部に突発的な事件、意外な反応は比較的に悪い。

2、冬の服の多く、体の柔軟性は下がって、夏のように転んだ後すぐに身の回りの物体をつかむことができるあるいはすぐに体をしっかりとしている;また、冬には帽子やヘルメットをかぶることが多く、視線を遮ったり、つまずいたりしやすいため、骨折のリスクが高くなります。

3、冬、雨や雪が降った後、道路は湿り、特に山や野菜市場では、路面が凍結することが多く、事故が発生しやすい。

医師は「高齢者は若年者より冬には骨折しやすい

一方、水膨れの着衣に加え、高齢者の各器官に退行性病変が現れ、器質性疾患が増え、行動が遅い、反応が鈍い、視力、聴力が減退し、高齢者のほうが転倒しやすく、骨折に至る。

一方、冬の日照時間は短く、高齢者は防寒のために屋外活動を控えるため、紫外線の不足やビタミンDの合成不足を招きます。

加えて筋肉の運働が不足して、骨格内の血の循環が減少して、骨格のカルシウムは吸収されやすくて、骨粗鬆症の進行を強めて、骨格の強度と剛度を下げて、少し転んで、骨折が発生しやすくなります。

人生の最後の骨折?

ある人は、老人の寛骨骨折は人生の最後の骨折であると言いますが、これは本当ですか?

骨折部位は,腕関節,肩関節,股関節,脊柱などに発生しやすい。しかし、高齢者にとって、寛骨骨折は人生最後の骨折という言葉は確かに存在する。

图片关键词

なぜ股関節の骨折は他の部位に比べてこんなにひどい結果をもたらすのか?

1、医師の紹介によると、高齢者の寛骨骨折の致傷率、致障害率、致死率はすべて非常に高い。

2、受傷後、高齢者の歩行に問題があるため、長期臥床すると、たくさんの合併症が現れる:褥瘡、尿路感染、肺部感染、心肺機能低下、骨そしょう……これらは高齢者の健康に大きな影響を及ぼす。

なぜ寝たきりになると、肺の感染という一見関連のない合併症を起こすのか。

長い時間活動できなくて、肺の分泌物、痰の適時な排出に影響し、肺部の感染を招き、或いは胸腔の液体貯留を招く。感染がひどくなると全身虚弱になり、それによって他の臓器に影響し、深刻なものは呼吸不全に至る。

骨折後の救急方法

転んだ後すぐに起き上がれない

1、意識がはっきりしているかどうか、関節が自由に動いているかどうか、出血しているかどうか、大小便が失禁しているかどうかなどを判断する。

2、適当に体を動かして、無理に起きないで、もし自主的に起きられないならば、身の回りの人を探してあるいは直ちに120に電話して助けを求める。

傷の肢をしっかりと固定する

1、例えば傷肢を確実に一時的に固定し、固定範囲が上下の関節を超える。

2、こうすれば、搬送中に骨折した軟部組織、血管、神経或いは臓器の更なる損傷を避けられ、負傷者の疼痛を軽減し、ショックを防止でき、負傷者の運送にも便利である。

3、もちろん、負傷者を過度に移動させ、症状を悪化させたり、負傷者の苦痛を増大させたりしないようにしなければならない。

4、材料は現地で材料を採取し、木の枝、棒、木の板などはすべて板挟みに適する。

5、外固定材料が乏しい場合には一時的な自己固定も可能であり,例えば受傷した上肢を体幹に拘束したり,受傷した下肢を健肢に拘束したりする。

止血と傷口をしっかり作りましょう

1、ほとんどの傷口、圧迫包帯後止血できる;大血管出血の場合は,創部近位部に止血帯を結紮し,止血帯を開始するタイミングを記録する。

2、もし骨折端が傷口を突き刺せば、そしてすでに汚染して、直ちに整復するべきではなく、汚物を傷口の深いところに持ち込まないようにする;創術により骨折端を整理した後、整復することができる。