情報科学技術の力を運用して老人の安全を愛する

2019-10-09 16:10:50 56

最近、中国老齢協会高齢人材情報センターが指導し、老人安全を愛する研究センターが主催する老人安全を愛するシンポジウムが北京で開催された。本会議は高齢者の安全を関心することをテーマとし、高齢者の安全の概念範囲、どのように高齢者の住みやすい環境を構築し、高齢者の権益を侵害されないことを維持すること及び最新の科学技術が高齢者の安全を関心することにどのように応用するかなど、現在の社会の関心の焦点について検討した。元中国軍事科学院副院長の徐根初、中国人民大学副総長の杜鵬、国家発展改革委員会社会発展司副司長の郝福慶、中国老齢協会高齢人材情報センター主任の李偉、高齢者を愛する安全研究センター主任の王峰などが会議に出席し、発言した。


    

       中国老齢協会高齢人材情報センターの李偉主任は挨拶の中で、高齢者の安全問題はすでに深刻な社会問題になっていると指摘した。良い九大に定着のための「人口の高齢化に積極的に対応し、年金、孝老、敬老政策体系構築と社会環境を推進医養と結合し、加速する高齢事業や産業発展」を要求し、私たちは前期と西安电子科技大学、陝西、たとえ云情報科技有限公司の3者を通して「愛の老人の安全研究センター」が高齢者のための安全問題が真の保障される。

 

图片关键词


 

  中国人民大学の杜鵬副総長は高齢者の安全サービスの強化などの面から優れた発言を行い、高齢者の安全問題が社会全体の関心を引き起こし、社会全体の共同責任であることを強調した。高齢者の幸福感、良質な生活の質は各方面の安全を保障する必要がある。高齢者の安全問題の核心は,屋内での転倒,屋外でのはぐれなどのアクシデント発生である。どのように現有のサービスネットを利用して、適時に発見と救助を行うことは、老人の意外な発生に対応するキーポイントである。とともに、老年の友好環境の重要な内容の一つとして、高齢者の安全を保証した豊かな老後宜居環境建設の内容は、宜居環境都市においてバリアフリーだけにとどまらない環境の創設は、より重要なのはコミュニティのさわやかに助け、交番、梧峙のグリッド化管理、活用情報ネットワーク科技と、老人を安全に貢献力。

 

 

  国家発展改革委員会社会発展司のカク福慶副司長は、身の安全、財産の安全、経済の安全、心理の安全、安全の世話、認知の安全、環境の安全など7つの方面から、高齢者の安全の内包と外延について系図的に論述した。高齢者の安全問題の関連範囲は非常に広く、高齢者の安全の主体責任は高齢者自身であるが、しかし家庭は第一責任であり、更に家庭の安全の重要性を発揮し、また、社会全体の力を動員し、安全体系を構築し、高齢者の安全意識を強化し、科学技術手段を利用し、危険発生を減少させる。

 

图片关键词

 

  老人の愛の安全研究センターの主任の峰を紹介した愛の老人の安全研究センターを設立の趣旨は、補完を通じてに向けた介護サービス体系を建设徐々に全国老人康養大データセンターを構築し、関連省庁から各種の次元を大データを统计分析と予測、政府は年金関連省庁の強力な科学の意思決定の根拠を提供する。彼は中国高齢協会が、老年の人材情報センター、西安电子科技大学、强云情報科技有限公司と陝西バートナーシップ老人の愛の安全研究センター、はぐくみ老人の安全保障の趣旨にも積極的に展開、高齢者の安全に関する研究の努力は最新の研究成果を応用分野を実践し、絶えず老人の幸福感と満足度、年寄りの晩年に生命の生活の質を高めるために、貢献の力である。西安電子科学技術大学の学長補佐、老人を愛する安全研究センターの高新波科学研究主任はPPTを通じて、老人の安全領域における新型の渉老科学技術の成果及び情報科学技術の応用を生き生きと説明し、特に顔識別システムが老人のはけを防止する方面における優れた貢献を強調した。彼は愛の老人の安全、全社会の連動が必要で、十分に疎システム、測位システムなど、既存技术の利点を生かし、ギョロリとハイテク手段、ソフトウエア技術が曖昧な映像に変わるの写真を識別することができる、統廃合、资源共有を形成し、共同で老人を密织安全ネットワーク、ハイテクによる安全保障、高齢者を楽しむ瞬間。

  会議では、多くの専門家が高齢者への愛情について独自の見解を発表し、中国老齢協会高齢人材情報センターホームページ管理部主任の鄭海利氏の司会で、科学技術部、公安部、衛計委などの関連指導者及び西安電子科技大学の専門家、学者などが参加した。