信安シンクタンクは第7回中国老年福祉製品設計と革新創業大会に参加した

2019-10-08 19:18:58 157

  中国高齢者福祉製品設計コンテストは上海市民政局、上海市科学技術委員会が主催し、社会運営の公益性プラットフォームであり、2012年から6回連続して開催され、現在国内で最も早く、最も多くの作品が参加し、最も地域が広い総合性をもって高齢者製品を評価するコンテストである。更なる人口高齢化の挑戦に対応し、養老産業の発展を推進するため、2019年から、大会は過去の伝統を踏襲した上で豊富な内包を持ち、「中国老年福祉製品設計と革新創業大会」と名称を変え、市場の活力を促進し、革新創業を推進し、人民の福祉を増進することを目指している。

图片关键词

       広州市信安知恵袋科技有限公司は自動車、電子、物のインターネットなどの各分野のエリートが共同で創立した科技企業で、2018年12月に正式に設立され、資本金は3千万元である。会社は多数の人体防護の核心技術を掌握し、知能人体防護製品を主に取り扱い、運動及び高齢者のユーザーに傷害予防の解決方案を提供する。企業は中国ひいては世界の有名な人体防護用品のブランドになることに力を入れている。


       初の知能保護エアバッグベルト制品は、多数の国の発明特許を獲得し、多くの権威部門の認証を獲得し、制品は高齢者の身の安全を保護するためのプログレス防止と呼ばれている。


       シン・アン・シンクタンクは現在、この発明大会に参加しており、6月には組織委員会と政府主導部門の指導と支援を受けることを期待している。